スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想小曲集(作品12)

ようやく涼しくなってきました。
・・・と思ったら風邪をひいてしまいました。
おかげでつらい週末になりました。
でも月曜になると直るのは我ながら大した職業意識だと思います。

さて、今日紹介するのは「幻想小曲集」です。
幸せな夕暮れの情緒たっぷりの「夕べに」
激しく情熱的で、自由自在に駆け回る「飛翔」
やさしく可愛らしいくせに、妙な切実感のある「なぜに」
不思議なユーモアのある「気まぐれ」はゆったりとした音楽の流れ。
有名な「夜に」は気分がわさわさするような落ち着かない夜の雰囲気。
コケットリーな「寓話」
練習曲風な「指のもつれ」、もとい「夢のもつれ」
そして堂々とした終曲の「歌の終わり」
まさにファンタジックな小曲がそろっています。

同じ小曲集でも「謝肉祭」や有名な「子供の情景」は
とくにシューマンならではというものがあまり感じられませんが
この「幻想小曲集」はシューマンの特上の魅力が満載です。

演奏はリヒテルが第一のお勧めですが、
リヒテルは僕の好きな「気まぐれ」を弾いてくれなかったので
全曲揃ったCDならブレンデルがいいと思います。



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。