スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとりの注目ピアニスト~ソン・ヨルム

ソンヨルム

辻井伸行の活躍につられて、クライバーンコンクールの映像を観ていたのだが、
もうひとりとても有能なピアニストを発見した。
第2位に入賞した韓国のソン・ヨルム
といっても、これまで知らなかったのは私の不案内のせいで、
ショパンコンクールでの本戦出場や、たびたびの来日など、
実力派若手として、実はかなり有名なピアニストだったらしい。

辻井の「ハンマークラヴィーア」ソナタという選曲にびっくりしていたら
この女流ピアニストも作品111のソナタを弾いており、
最近ではベートーヴェンの後期のソナタがコンクールでばんばん弾かれるのかと
少し感慨があったのだけれど、この演奏は良くなかった。
(さすがにベートーヴェン最後のソナタを弾くには若すぎたか?)
それで、このピアニストはだめだと判断していたのだが、
その後改めて聴いたプロコフィエフとショパンの協奏曲はとても良かった。
さらに、ブラームスのピアノ五重奏曲はコンクールであることを忘れてしまうくらいの名演で、
このピアニストの実力を十分に認識することができた。
この人の良いところは、音楽が生き生きと自然な呼吸をしているところで
思わず引き込まれてしまうような魅力がある。
それに比べてHaochen Zhangは、丁寧で上品な音楽づくりなのだけれど、
音楽が停滞していて、一言で言えば退屈な演奏に感じられた。
実際、会場の拍手は1に辻井、2にソン、3にZhangかWuかといったところで、
私の実感とよく一致していた。

インターネットのおかげで
コンクールの審査員にでもなったような経験ができる。
私は今回初めてこのような経験をしたわけだが、
辻井伸行ソン・ヨルムという
2人のアジアの素晴しい才能を知ることができたのは
大きな収穫であった。
今後、この2人の活躍に注目していきたいと思う。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

amadelic

Author:amadelic
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。