スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランデンブルク協奏曲第3番

ブランデンブルク協奏曲(全6曲)は
おそらくバッハの作曲した曲の中でも
もっとも親しまれている曲ではないでしょうか。

どの曲も素敵なのですが
ここでは第3番を紹介しましょう。

何にもおもねることのない
堂々と王道を歩む音楽。
強い意志と
高潔な精神と
すがすがしい笑顔。

そしてなんといっても
聴いたあとの爽快感!
ここにはバッハの魅力が
余すところなく発揮されています。

このような曲は
知・情・意のバランスが取れた演奏者で聴きたいものです。
一番手はやっぱりリヒターでしょうね。


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。