スポーツナビ+終了に伴うブログ移行について

スポーツナビ+が終了ということで、「気ままにスポーツ観戦」という名で書き綴ってきたスポーツ関連の記事をこちらに移行しました。もう丸4年もお休みしていましたが、また気が向いたら新しい記事を投稿します。
スポンサーサイト

「真央ちゃん」と呼ぶのはやめよう

スポーツナビ+を巡回していて、昨日からの私のモヤモヤ感を半分以上代弁してくれているような記事を見つけたので、前回の記事と重なる部分があるかもしれないが、浅田の演技について再度考えてみたい。

アスリートでありアイドルだった浅田真央

浅田のFSの演技は、期待どおりに8トリプルを(ほぼ)成功させ、浅田の目標をほぼ達成できたと考えてもよいような素晴らしい演技であった・・・と思う。なぜ「・・・と思う」と付け加えなければならないかというと、女子FSの中で私が最も印象深いと感じたのはコストナーであり、金ヨナであって、浅田の印象が薄かったからだ。これまで浅田についてはバンクーバーの前後からいろいろな感想を書き綴ってきた。バンクーバーのときに「現実に『金メダルを取る』ことを目標にするのであればこれからの課題は限りなく大きいといえるだろう」と記したのだが、本当に浅田はその「限りなく大きな課題」に真正面から向き合い、そして今回、FSではその課題をほぼ満点の形でクリアした。にもかかわらず、なぜ私はコストナーや金ヨナを上回るような感銘を浅田から受けなかったのか? 私自身、そのことにとても当惑し、モヤモヤした気持ちを感じていた。

そして前述の記事を目にし、このモヤモヤ感の理由がはっきりした。それは一言で言えば「演技の場が違った」ということである。メダルを争う最終グループでミスの許されないギリギリの状況で演技を行うことと、メダル度外視で演技だけに集中できる第2グループで演技を行うことでは、緊張感がまったく違う。競技がエキジビションと違うのはこの緊張感をどうコントロールするかというところであり、私がコストナーに感銘を受けたのも、彼女がこの緊張感をも演技の要素に取り入れているかのような渾身の演技をしたからなのだと思う。

例えてみれば、浅田はかつての水泳競技のB決勝で優勝タイムを上回るタイムを出したようなもので、それ自体は凄いことで賞賛に値することではあるのだが、決勝に進めなかったという時点で、もうまったく別の試合になっているのである。だからオリンピック最終グループの6人の演技には浅田の演技にはなかった特別の緊張感があり、その緊張感を味方につけられた選手の演技が光り輝いて見えたのだと思う。

だから、浅田についてはSPの失敗について総括されなければならない。3Aの失敗は仕方がない。しかしその後をしっかり演技すれば上位6人には残れた。それが出来なかったのが浅田の弱さと指摘されても仕方がない。「真央ちゃんよくやった」の大合唱は今はよくても、少し落ち着いて考えたとき、これまで浅田が必死になってがんばってきたことは一体なんだったのだろうかということになりかねない。失敗についてはきちんと総括することが浅田の努力に報いることになるのだと思う。

これまで浅田はいつも「真央ちゃん」で、浅田が何をしても世間は「温かい目」で声援を送ってくれた。これは浅田にとってある意味辛いことであったに違いない。もう立派な大人の女性になっているのに世間はいつまでも「可憐な真央ちゃん」を期待し続け、迷ったときにはそれが正しいか誤っているかに関係なく何を選択しても「いいよいいよ」といってくれる。期待されるのはいつも守ってあげたいと思わせる優等生像。これはもう地獄である。金ヨナが国民から突きつけられた期待がナイフのような刃物であったとすれば、浅田が国民から受けたのは真綿で首を絞めるような痛みであったに違いない。

今後どこに進むにせよ、浅田が作られたイメージから解放されて、自由に羽ばたけることを望んでいる。



かつてないハイレベルの戦い

フィギュアスケート女子シングルはかつてないハイレベルの争いとなった。私が「1強」と目したリプニツカヤの、ノーミスの団体の得点をもってしても届かないようなメダルラインになろうとはまったく予想しえなかった。SPの70点越えが3人、フリーの140点越えが4人と、男子に続いて女子も2・3年前とはまったく違う高得点時代に突入したようだ。

アデリナ・ソトニコワ選手

ジュニア時代のパーフェクトなソトニコワが戻ってきた。ここ1・2年は成長期の難しさに加え、トゥクタミシェワやリプニツカヤの台頭もあってすっかり影が薄くなっていた。今シーズン当初もミスが多く、とてもここまでの演技は予想できなかったが、ジュニア当時の評判どおりにこのソチにはきっちり調子を合わせてきた。中でもSPの3Tには度肝を抜かれた。はるかに高い位置で3回転が完了、もしはじめから4回転する気があれば確実に回りきっていたと思われるほどのものすごい高さであった。このこと一つをとってみてもこの人のジャンプ能力の高さは一目瞭然、パワーとスピードにあふれた活力ある演技でも他の追随を許さず金メダルを獲得した。SPを見た後で、ようやくロシアのエースがリプニツカヤではなくソトニコワであったことに気づき、自分の眼力のなさを思い知らされたところである。

金ヨナ選手

技術的にはバンクーバーからの上積みはなく、ジャンプ構成も今となっては高難度というわけではない。それなのに彼女の演技から受ける感銘はバンクーバーの比ではない。この人がこれほどの上質な表現力を身につけているとは思わなかった。おそらくこの人はバンクーバー以後、厳しい日々を過ごしてきたのだろう。スポーツ文化に必ずしも理解が深いとはいえない彼女の祖国にあって、国民が彼女にかける心無いプレッシャーはおそらく日本では考えられないほどのものであったことだろう。笑顔はなく、義務感のみでここにやってきたような顔をしていた。SP・FSともに演技終了直後のほっとしたような苦笑は痛々しくもあった。しかし、そのような苦しい経験が彼女の心を強くし、人間的に深みを与えたのかもしれない。SPはともかく、久々の国際大会でFSをノーミスで滑りきれるとは思わなかった。この精神力の強さには脱帽である。日本の一部から罵詈雑言を浴びることの多い彼女であるが、私はそのような声に同調する気にはまったくならない。

カロリーナ・コストナー選手

今回最も印象に残った選手。この人の演技構成はジャンプはFSで3Tと3Sを2回ずつ跳んでいたり、スピンもレベル3に留まるものが多いなど、決して難易度の高いものではない。しかし、この人の演技は音楽に合わせているというのではなく、まさに音楽と一体化しているかのようで、他の選手とまったく次元の違う芸術性を有している。「アヴェ・マリア」では宗教性まで感じられるほどであったし、「ボレロ」ではジャンプも含めたすべての要素が音楽を感じさせ、特にステップ(レベル3!)での音楽的な動きは鳥肌が立つ思いであった。この人もトリノの時は技術優先のイメージであったが、それから8年を経て芸術性の高い選手に生まれ替わった。このような年のとり方が出来るということはすばらしいことだと思う。

グレイシー・ゴールド選手

若さあふれる演技で観る人の心を掴んだ。ジャンプの軸が少々ぶれても立て直すことの出来る力強さも持っている。なんといっても古き良き「アメリカ」の雰囲気を全身から漂わせるオーラがある。3Fの失敗さえなければこの人も「140点クラブ」の会員になれた。もはや堂々のトップ選手である。

ユリア・リプニツカヤ選手

この人がジャンプを失敗する場面はまったくイメージできなかった。過度のプレッシャーなのか、それとも団体にピークをあわせたことによる調子落ちだったのか?名演技もジャンプが決まってこそ、今回は残念な結果になってしまった。それでもこの人の演技はジャンプの合間でもただ立って滑っていることはなく、体を屈めたり伸ばしたりという上下の動きと手の優雅な動きで、プログラムに切れ目が生じない。トランジションの低評価に悩む選手はぜひこの選手の動きを研究するとよいと思う。ただ、私の以前の記事のコメントされた人も指摘されるように、この人の将来性については何とも言えない。体が成長して今の演技が出来るかといわれるとやはり苦しいと思う。しかしたとえ彼女の全盛期が短いものであったとしても、私は名選手として彼女を記憶することになるだろう。

浅田真央選手

3Aへのこだわりが良い方にも悪いほうにも出た大会になった。SPの失敗は痛々しかったが、3Aの失敗を過度に深刻に捉えてしまったことが続く失敗の原因。逆に3Aの成功で体のキレが目に見えてよくなったのがFSの演技。演技者としてみると、決して安定しているとは言えない3Aにこれほど依存した演技構成はあまりにリスクが大きいといえたのだが、そのことが浅田のモチベーションになっていた以上、他人が口を挟むわけには行かなかっただろう。FSで浅田が目標とした8トリプルの着氷が実現し、これで心置きなく引退という流れになりそうだが、それについてはちょっと待ってほしい。タラソワが言うように浅田は練習のし過ぎだと思う。浅田のように真面目な人は不安を解消する手段を練習に求めてしまうが、それは必然的にハードワークを生み、体と心が磨り減ってしまう。一般社会においても一途に仕事だけに励むの人はいくら有能であったとしてもどこか危なっかしい。どこかに「遊び」の部分を持った人のほうが結局は仕事もよく出来るようになる。今回好成績を挙げた金ヨナやコストナーは半引退のような状態の時があり、時にスケートから離れながらモチベーションを保ってきたことが表現力の向上につながっているように思う。浅田も1・2年休養し、その間にいろいろなことを楽しんでほしい。そして気が向いたらまたこの世界に戻ってきてほしい。そのとき、仮に3Aが跳べなくなっていたとしても、それを補って余りある新しい浅田の美しい世界が見られるのではないかと思う。


長くなったので、他の選手については後日ということに。

神は皆にひとしく試練を与えた

ソチ五輪フィギュアスケート男子、「五輪には魔物が棲む」とはよく言われることであるが、それにしてもここまでの緊張の連続というのはちょっと記憶にない。どの選手も自分自身との闘いとなり、胸が痛くなるような演技の連続となった。

記憶に残った選手をフリーの演技順に。


エフゲニー・プルシェンコ選手

団体で奇跡とも言える神演技でロシア優勝に大きく貢献したプルシェンコに、神は二度目の舞台を与えなかった。腰を押さえて動けない姿はあまりにも痛々しかった。しかし、結果的にはこれでよかったのかもしれない。プルシェンコは初の団体の金メダルを手にし、私たちは偉大なプルシェンコのみを記憶に留めることができた。ひょっとすると、この人に関しては神の試練ではなくて神の御加護と言ってよかったのかも知れない。

ジェレミー・アボット選手

SP冒頭の4Tで大きく転倒、しばらく立ち上がれず、演技継続は不可能かと思われたが、立ち上がった後に不自然な点なく残り6つの要素を演じ切ったのはすごい。「心の弱さ」が課題だったアボットが思わぬところで強さを発揮した。FSでは4Tが3Tに抜けたために後のジャンプ構成に苦心し、2Aを2回跳ぶ破目になったが、演技の美しさは比類がなく、この状況の中では最善を尽くした。順位はともかく、最後の五輪でアボットらしさは十分に見せてくれたと思う。

デニス・テン選手

SP終えての得点差を考えれば、フェルナンデス・町田・テンの銅メダル争い。今シーズン不調のテンは一番可能性が低いと見ていたが、昨年の世界選手権とまではいかないまでも、確実に技を決めていった。この人はスケートの基礎がしっかりしていて、滑りはチャンを髣髴とさせる場面もある。ノーミスでまとめきれば今日のように当然メダル争いに絡んでくる力がある。今シーズン前半の試練を見事乗り越えての銅メダル、心から拍手を送りたい。

ブライアン・ジュベール選手

とうに全盛期は過ぎたジュベールであるが、2回の4Tを豪快に決める姿を見せてくれただけで私は満足である。4回転不遇の時代をプルシェンコとともに生き抜いてきたジュベールの勇姿を私たちは決して忘れることはないだろう。

閻涵選手

「残念な演技」の一言。彼に非はないのだけれど、「美しく青きドナウ」のグロテスクな編曲は恥ずかしいとしか言いようがない。SP・FSともアナクロい振り付けは失笑ものである。これだけの才能豊かな選手を凡庸な指導者が小さくまとめようとするのはいたたまれない。日本かアメリカでコーチにつけば必ず羽生のライバルになり得る選手であるが、それが出来ないお国柄、本当に神は彼に過酷な試練を与えている。

町田樹選手

SPではまさかの3Lz失敗、これで6点以上を失うことになったが、それでも私は彼を銅メダルの最有力候補と見ていた。羽生・チャン以外でFS175点を期待できるのはフェルナンデスと町田だけ、町田がノーミスで演技をすれば・・・。それなのに・・・。FS冒頭の4Tは決して悪いジャンプではなかったのに足が流れてしまった。神様のバカヤロー!これで町田がテンを上回るのは難しくなった。それでも心折れることなく残りの要素をすべて成功させたのはさすがに今シーズンの町田。厳しい試練にさらされてしまったが、SP11位からの5位入賞は立派の一言、胸を張って町田語録を炸裂させてほしい。

ハビエル・フェルナンデス選手

町田の点が伸びず、無難に滑りきれば銅メダルという状況。冒頭の4Tも4Sも大幅加点付の成功でメダル確定かと思ったらそれからの調子がおかしい。緊張からか3Aのオーバーターンに3Lzの失敗。それでもこれだけならば何とか凌げたはずなのに、コンビネーションの3Sが2Sになったことで急遽最後の2Aを3Sにしようと考えたのが運の尽き、ジャンプの回数違反でノーカウントになってしまった。3Sではなく3Tにしておけば問題なかったのだが、それは後だから言えること。なんとも悔しい神様のいたずらで表彰台から転落することになってしまった。しかし陽気なハビエルのこと、きっとまたチャンスは回ってくると思う。

高橋大輔選手

SPの演技で今の高橋には4Tが無理であることがはっきりした。FSで4Tを回避するとすれば、どうジャンプを構成するかは難問である。2回の4Tのうちひとつは3Lzで代替が利くが、もう1回は2Aで代替せざるを得ない。しかしそれではそれでは勝負にならない。それなら無理を承知で4TでUR狙いの賭けに出るしかない。他の選手の失敗もあって順位こそ4位につけたが、メダル獲得は非常に難しい状況といえた。しかし神様はURさえも許さず両足着氷のDG、3Aのコンビネーションも認定されないとあってはいかな高橋といえども高得点は出ない。メダルの期待からすると残念であるが、6位入賞はむしろよくやったと称えるべき成績である。ジャンプの不安もあって大輔ならではの演技というわけには行かなかったが、この過酷な試練を乗り越え、日本代表として恥ずかしくない成績を収めた高橋には大きな拍手を送りたい。

羽生結弦選手

SPの完璧な演技は凄いの一言。団体でチャンに大きく差をつけられたステップについても今回は互角の評価を得た。この修正能力の高さも羽生の凄さである。しかしその羽生にしても金メダルの魔力の前では緊張で足がすくんでしまった。4Sの転倒はジャンプ自体はきれいなものだっただけに大きな問題ではなかったが、3Fでまさかの転倒、その後の演技も精彩を欠き、後半のジャンプでも加点がほとんど付かないという羽生にしては考えられないような状態のまま演技を終えた。想定される金メダルラインの300点に程遠い得点、得点表示後、頭を抱えたまま顔を上げられなかった羽生は負けを確信していたことだろう。しかし、もし金メダルを取りそこなっていたとしても、この失敗を経験として必ずプラスに転化できるのが羽生である。金メダルの喜びと演技内容の苦味をすべて飲み込み、新たな王者としての歩みを進めてほしいと思う。

パトリック・チャン選手

羽生の思わぬ失敗で普通に演技すれば金メダルに届く状況でのFSの演技。こういう状況ならば絶対の力を発揮するのがチャン、冒頭の4T-3Tは審判すべてが+3をつける異次元のジャンプでいよいよ波に乗ってきた・・・はずであった。しかしこの人も金メダルが目前に見えてから足がすくみ始める。続く4T・3Aの着地が乱れると少しずつ精神的なスタミナが奪われていき、小さなミスが隠せなくなった。ジャンプだけでなく、後半の2つのスピンがレベル3になるなど、普段のチャンでは考えられないような演技になった。結局FSでも羽生の得点に届かず、金メダルを取り逃すことになってしまった。日本人としては羽生の金メダルを喜ぶべきであるが、4年間絶対王者として君臨してきたチャンの心情を思うとき、手に入りかけていたオリンピックの金メダルを目前で失ったことに、同情を禁じえない。

ジェイソン・ブラウン選手

FSの最終滑走がこの選手であったことこそ、まさに神様の采配。緊張感に満ち、どの選手もが試練を味わったこの大会が、ブラウンの明るい演技と笑顔で大団円を迎えられたことは非常に感慨深いことであった。彼は今大会で最も神様に愛された選手、今は4回転を封印しているが、近い将来4回転を引っさげて必ず表舞台に出てくるであろう。ソチ後の新しい世界を彼ら若い世代が牽引することを願いながら、本稿を終わりとしたい。


全力のプルシェンコ~フィギュアスケート団体

新種目のフィギュアスケート団体、終わってみればロシアの圧勝だったが、個人戦を展望する上でもいろいろな見所があった。

プルシェンコ選手

まるで個人戦は考えていないかのような全力投球。正直いって、今の満身創痍のプルシェンコにこんな力が残っているとは思わなかった。SP・FSともに4T・3Aをことごとく成功させた。さすがにFS後半はスタミナ不足からか2つのジャンプが2回転になってしまったが、それでもFS1位は死守、ロシア優勝に大きく貢献した。FSの「プルシェンコメドレー」は彼にのみ許される特別なプログラム。音楽的には無茶苦茶だが、それで観る者を納得させられるのがプルシェエンコのプルシェンコたるゆえん、王者の誇り高き姿を見せてもらった。

羽生結弦選手

緊張を微塵も感じさせない完璧な演技。SP演技終了後は100点越えを確信したが、GPファイナルの最高点に届かず。スコアを見ると何とステップと1つのスピンがレベル3になってる!ただしそれは他の選手も同じで、チャンも1つのスピンがレベル3、プルシェンコにいたってはレベル2までもらってている。何たる辛さ!今回のオリンピックはレベル判定をかなり厳しくするということなのだろう。それはともかく、チャンでさえプルシェンコの演技と大歓声にビビッてしまった感があったのに、そもそも羽生には対プルシェンコという意識さえなかったのではないか。おそらく憧れのプルシェンコとの競演を心から喜んでいたに違いない。そう考えられるのが羽生の強さ。次はいよいよ戴冠のときである。

町田樹選手

プルシェンコの直後で緊張感が半端ない。2回目の4Tの前はおそらく足が震えていたのだろう、助走で躓いたように見えた。プログラム前半は流れに乗れていないように見えたのも緊張のなせる業か?しかしそのような状態でも冒頭の4Tを完璧に決めるあたり、やはりこの人は只者ではない。後半は流れに乗って大きく挽回した。演技後の口も絶好調、個人戦では表彰台も視野に入ってきたと思う。

チャン選手

いまだに「羽生ショック」を引きずっているのか、いつもの自信あふれた顔が見えず。実績からいってプルシェンコの91点にビビルこともあるまいに、ジャンプがことごとく不安定になった。しかしそれでもステップの美しさは別格で、ステップだけで羽生やプルシェンコを1.3点上回る破格の5.8点を得た。4年間王者に君臨してきたチャンであるが、五輪王者になれるかどうかは微妙である。

アボット選手

全米のようにジャンプさえ決まれば持ち前の表現力で表彰台も狙えるが、歯車が少し狂うと今回のようにジャンプをことごとく失敗してしまうこともある。この不安定さもこの人の持ち味とも言えるのだが、上品で美しいスケーティングはこの人ならではのものがある。佐藤コーチが献身的にケアしている様子を見ると、個人戦では何とかノーミスで最終グループに残ってほしいと思う。

レイノルズ選手

フリーで4回転3回成功は素晴らしいが、いつも思うのは4回転を3回も入れてなぜ2Aを跳ばなければならないのかということである。得点面で4回転3回のメリットが生きていないのはとてももったいないことだと思う。

浅田真央選手

直前練習で最後に3Aを跳ぼうとしたときにリプニツカヤとメイテが左右から進路を横切り、タイミングが取れないまま失敗、このことが大きく影響したように思う。踏み切りから力が足りなかったようで、大きく回転が不足して転倒、ほぼ8点を失った。ステップがレベル3になったが、これは前述のように判定基準が厳しくなったことが原因、あまり考え込まずにこれまで通りのことをすればよいと思う。リプニツカヤの台頭で厳しい立場だが、今浅田ができる最高のものを披露してくれれば結果がどうなっても誰も非難はしない。ファンの期待をプレッシャーに感じる必要はないから、自分が思うように残り短い期間でうまく調整してほしい。

鈴木明子選手

鈴木も緊張感が半端なく、ジャンプがことごとく甘くなってしまった。全日本とは正反対の結果になってしまったが、この緊張感を一回経験できたのはラッキーと捉え、次に生かしてほしい。表彰台を狙える位置にはいると思うので、ぜひメダルを目指してがんばってほしい。

コストナー選手

今シーズン前半は最悪であった。特にFSの「シェエラザード」はあまりに下品で、演技力の高いコストナーがなぜこんなお子様ランチな曲を使うのか理解できなかった。しかし、曲を「アヴェマリア」と「ボレロ」に戻してからは一転、彼女の個性を最大限生かせるプログラムになった。この人の演技はスピードがあり、スケートがよく伸びる。しなやかで美しい姿勢は随一である。最近はジャンプの精度も上がり、今回のようにノーミスで滑れば減点ポイントがない。当然表彰台候補の一人である。

ワーグナー選手

ひ弱な心を克服するために攻撃的なプログラムと鋭角的な演技でイメージチェンジを図ってから数年、その目的はほぼ達成されたように思うが、私は以前の優しく清潔的なワーグナー選手の演技をまた見たい。演技構成点がいまひとつ伸びてこないのも、本来の彼女とは異なった面を強調しすぎるからなのではないだろうか?演技全体から私が感じるのはなんともいえない「残念な」感じである。

ゴールド選手

何といってもこの人には「華」がある。立っているだけで存在感がある。今シーズンの進化も目覚しく、3Lz-3Tのような高難度コンビネーションも安定して跳べるようになった。アメリカの選手らしく、明るく楽天的なところも観客にアピールできる。他のトップ選手に比べてトランジションなどで見劣りはするが、それを補って余りあるのがこの明るさである。この人も表彰台を狙える位置にいる。

マルケイ選手

表彰台候補というわけではないが、私はこの人の大人の上品な演技が大好きである。今年は好調で、今回まさかの団体出場であったが、丁寧な演技で何と鈴木やオズモンドの上に来てしまった。この人のSPは「帰れソレントへ」を1曲丸々使った非常に印象深いプログラムである。コストナーと同様に、音楽的な感性が高い人のプログラムは音楽の使い方が一味違う。SPではぜひこの人の演技にも注目していただきたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。