スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の音楽~シューマンのピアノ曲から

今月はシューマンのピアノ曲を紹介しようと思います。

シューマンと聞いて連想する言葉は
「青春」と「天才」と「狂気」です。
僕がシューマンを片っ端から聞いていたのは
もう20年以上も前の学生時代です。
僕にとってシューマンを語るということは
青春を語るということと同義なのかもしれません。
ようやくそのことができる年齢になってきたようです。

ところで
10月になったというのにいきなり真夏日です。
どうやら今年の秋は「暑い秋」として記憶されそうです。

今月もよろしくお願いします。





交響的練習曲(10/04)
アラベスク(10/06)
クライスレリアーナ(10/11)
幻想小曲集(10/17)
謝肉祭(10/19)
幻想曲(10/30)

マタイ受難曲

バッハの最終回は
マタイ受難曲です。

この曲こそ
バッハのみならず
古今のすべての音楽の中で
最上の位置にある音楽だと
僕は思っています。

喜び 悲しみ 怒り 慰め ・・・
人間の感情のすべてが
もっとも純化された形で
この曲の中にあります。

と言っても
けっして感情に流されているのではなく
常に理性が支配して
意識は覚醒しています。

僕はずいぶんたくさんの音楽を聴いたあとで
この曲にたどり着きました。
これはいわば「究極の音楽」です。

「マタイ」を聞くことができて
それを素晴らしい音楽だと感じることができたということに
心から感謝せずにはいられません。

演奏はもちろんリヒターの旧版です。


ミサ曲ロ短調

「ロ短調ミサ曲」は
バッハとしては珍しく
劇的で感情表現が豊かな曲です。

10年近く前
体調不良をかかえた私は
東京出張のついでで
NHKホールでこの曲を聞きました。
指揮はブロムシュテットでした。
1週間後に入院を控えていました。

最初の一音が鳴った瞬間から
いきなり音楽の大きな渦の中に放り込まれたようでした。
音楽は有無を言わせぬ力で私を支配しました。
演奏の良否などはまるで問題ではなく
バッハの音楽だけが存在していました。
私はただ涙があふれてくるだけでした。

「神」だとか
「絶対」だとか
「運命」とかいう
それまでは考えたこともなかった言葉が
頭の中を去来して、

このタイミングで
他ならぬ「ロ短調ミサ曲」とめぐり逢い
このような経験をするということが、
これからくる入院の結果を暗示しているようで
非常に複雑な気分になったものです。

結局、入院の結果はたいしたことがなくて
(だからこそ今日があるのですが)
私の心配は杞憂に終わったわけですが
それ以来「ロ短調ミサ曲」は
私にとって少し特別な曲となったのです。


ブランデンブルク協奏曲第3番

ブランデンブルク協奏曲(全6曲)は
おそらくバッハの作曲した曲の中でも
もっとも親しまれている曲ではないでしょうか。

どの曲も素敵なのですが
ここでは第3番を紹介しましょう。

何にもおもねることのない
堂々と王道を歩む音楽。
強い意志と
高潔な精神と
すがすがしい笑顔。

そしてなんといっても
聴いたあとの爽快感!
ここにはバッハの魅力が
余すところなく発揮されています。

このような曲は
知・情・意のバランスが取れた演奏者で聴きたいものです。
一番手はやっぱりリヒターでしょうね。


主よ、人の望みの喜びよ

これぞ究極の「癒し」音楽。
原曲は合唱曲ですが
ピアノやオルガンの曲として
あまりに有名ですね。

20年以上前、まだ学生の頃に
NHKで
「四季・ユートピアノ」
というドラマが放送されました。

ドラマのような、ドキュメンタリーのような
不思議な雰囲気を持った映像で
マーラーの「交響曲第4番」と
「主よ、人の望みの喜びよ」が
とても効果的に使われていていました。

主演の中尾幸世さんという
アマチュアの方の透明な存在感とともに
今でも非常に印象に残っています。

何度となく聴いた曲でありながら
この曲をを紹介しようとしたら
そんな昔に1回見たっきりのドラマを
思い出してしまいました。
自分でもとても不思議です。

是非もう一度見てみたいドラマです。


プロフィール

amadelic

Author:amadelic
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。